はだれ雪 (角川ebook) ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」のはだれ雪 (角川ebook)無料試し読みコーナー


諦めず、迷わず、信じた道を一筋に――謎の刃傷事件を起こした浅野内匠頭。彼が密かに残した”最期の言葉”とは。言葉を聞いた勘解由の、秘めたる想いの行方は。直木賞作家が描く、かつてない「忠臣蔵」!元禄十四年(1701)十一月。若くして扇野藩の馬廻り役・中川三郎兵衛の後家となった紗英【さえ】は、江戸からやってくる永井勘解由【ながいかげゆ】という人物の接待役兼監視役を命じられた。勘解由は旗本であり、幕府の目付役だったが、将軍・徳川綱吉の怒りにふれて扇野藩にお預けの身になったという。この年、江戸城内で、播州赤穂の大名・浅野内匠頭が、高家筆頭、吉良上野介を斬りつける刃傷事件が起きていた。浅野内匠頭は理由を問われぬまま即日切腹。だが勘解由は、老中に切腹の見合わせを進言し、また切腹の直前、襖越しにひそかに浅野内匠頭の最後の言葉を聞いたという。この行いが将軍、徳川綱吉の知るところとなり、機嫌を損じたのだった。雪が舞い散る中、屋敷に到着した勘解由を迎え入れた紗英は、役目を全うしようとするが――。身分を隠し、勘解由の元を訪れる赤穂浪士。勘解由のやさしさに惹かれてゆく紗英。扇野藩に、静かに嵐が忍び寄る。これまでにない視点から「忠臣蔵」の世界を描き、新たな感動を呼び起こす歴史時代長編!≪熱き信念が胸を打つ、扇野藩シリーズ≫※本書は、2015年12月25日に配信を開始した単行本「はだれ雪」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)
続きはコチラ



はだれ雪 (角川ebook)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


はだれ雪 (角川ebook)「公式」はコチラから



はだれ雪 (角川ebook)


>>>はだれ雪 (角川ebook)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)はだれ雪 (角川ebook)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)ははだれ雪 (角川ebook)を取り揃えています。はだれ雪 (角川ebook)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとはだれ雪 (角川ebook)は1404円で購入することができて、はだれ雪 (角川ebook)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンではだれ雪 (角川ebook)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)はだれ雪 (角川ebook)を勧める理由


様々な種類の本を多く読みたいという読書マニアにとって、大量に買うのはお財布に優しくないはずです。しかしながら読み放題なら、利用料を大幅に抑えることができます。
スマホが1台あれば、BookLive「はだれ雪 (角川ebook)」を気軽に閲覧することができます。ベッドに体を横たえて、眠たくなるまでのリラックスタイムに読むという人がかなり多いと聞いております。
恒常的に沢山漫画を購入するとおっしゃる方にとりましては、月額料金を払えば何冊であろうとも“読み放題”で読むことができるという料金システムは、まさに画期的だと捉えられるでしょう。
気楽にダウンロードして楽しむことができるのが、無料電子書籍の特長です。書籍売り場まで行く必要も、インターネットで申し込んだ本を宅配してもらう必要もないというわけです。
どういった話なのかが分からないという状態で、表紙のイラストだけで読むかどうか決めるのは難易度が高いです。タダで試し読みができるBookLive「はだれ雪 (角川ebook)」の場合は、概略的な内容を精査した上で購入可能です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







はだれ雪 (角川ebook)の概要ブックライブ

                              
作品名 はだれ雪 (角川ebook)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
はだれ雪 (角川ebook)ジャンル 本・雑誌・コミック
はだれ雪 (角川ebook)詳細 はだれ雪 (角川ebook)(コチラクリック)
はだれ雪 (角川ebook)価格(税込) 1404円
獲得Tポイント はだれ雪 (角川ebook)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ