日本語防衛論 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の日本語防衛論無料試し読みコーナー


英語がしゃべれれば幸せになるのか?2011年4月より、小学5年生から英語教育が「外国語活動」という名称の正式科目となり、担任教師が英語の教師か否かにかかわらず週に数時間の英語を教えることになる。またユニクロ、楽天といったグローバル企業が2012年より英語を社内公用語にすると発表し、日本人だけ参加する会議でも英語を使用するほか、公式文章はすべて英語化することを戦略としてかかげている。その一方で、このような英語偏重傾向の反動として、日本語教育を重視し、日本語を保護するべきだ、との意見が言語学者の間でも盛んになっているほか、「ニホン英語」(※日本語文法にのっとった間違いだらけの英語でもよしとする英会話中心主義の英語/例;複数、三人称単数のSは省くなど)を推進する教師を中心としたムーブメントも起こっている。 そこで本書では、朝日新聞(2010年9月3日オピニオン欄)で『(英語の)「幸せな奴隷」になってはいけない』(無自覚に“英語による支配”を受けている日本国語話者を指す)の記事が話題になった著者による「英語支配論」をわかりやすく展開し、経営者、教育者に警鐘を鳴らすだけでなく、一般読者にも危機感を抱かせる貴重な一冊。
続きはコチラ



日本語防衛論無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


日本語防衛論「公式」はコチラから



日本語防衛論


>>>日本語防衛論の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本語防衛論の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は日本語防衛論を取り揃えています。日本語防衛論BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると日本語防衛論は1263円で購入することができて、日本語防衛論を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで日本語防衛論を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)日本語防衛論を勧める理由


漫画本などの書籍を買う際には、ページをめくってチェックしてから決める人の方が多いです。無料コミックなら、立ち読みのような感じで中身に目を通すのも容易なのです。
「詳細を理解してから決済したい」という考えを持っているユーザーからすれば、無料漫画は利点だらけのサービスだと断言します。販売側からしても、新しい利用者獲得に期待が持てます。
コミックを購読する際には、BookLive「日本語防衛論」上で試し読みをしておくべきです。物語のテーマや漫画のキャラクターの外見などを、前もって確認できます。
近年、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というサービスが誕生し注目されています。1冊ごとにいくらというのではなく、1カ月毎にいくらという料金方式になっています。
多くの書店では、展示する面積の関係で置ける書籍の数に制限がありますが、BookLive「日本語防衛論」という形態であればこんな類の制約がないため、あまり一般的ではない漫画もあり、人気を博しているのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







日本語防衛論の概要ブックライブ

                              
作品名 日本語防衛論
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本語防衛論ジャンル 本・雑誌・コミック
日本語防衛論詳細 日本語防衛論(コチラクリック)
日本語防衛論価格(税込) 1263円
獲得Tポイント 日本語防衛論(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ