「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク無料試し読みコーナー


「土木構造物って、すごい」。近年、ダム、鉄道、道路、団地、工場といったインフラの大切さ、その背景にある物語や産業的な発展に、きちんと目を向けられるようになってきました。むしろエンターテイメントとして、新たな概念「ドボク」として楽しまれています。橋とトンネルの魅力は、それぞれ「構造」と「工法」。その切り口で、数式を使わずに橋の構造を、豊富な事例でトンネルを解説します。地形を克服し、物流・移動を確保して国土の骨格を造り上げる橋とトンネル。無数にあるそれらは一見、無骨で味気なく見えるけれど、実は個性がそこここに散りばめられ、そこに造られた必然性や個々の事情もみえてくるのです。橋やトンネルの発展の歴史も、世界や日本の産業史とも強く関わっていて、とてもドラマチックなのです。 ●目次抜粋 /part1 知ってるようで知らなかった「橋」の世界■橋を構造別に四つに分け、その力学を理解しよう■橋の構造は、部材が石から鋳鉄、そして鋼鉄へと進化することで発展した■東京ゲートブリッジが、恐竜のような形になった深い理由■条件や目的によって変わってくる、四種類の橋の架設工法■橋の構造別■世界一長い橋と世界一高い橋■日本の橋よりさらに不思議な、世界の個性的な橋めぐり /part2 知れば知るほどアメージング! 奥深い「橋」の魅力■「鉄の魔術師」エッフェルが空に向けて架けた大きな橋■「もったいない」の精神で100年を超える鉄橋を再利用■橋の概念を打ちやぶる 渡らない橋に水面の下に架かる橋■人で落ちた橋、風で落ちた橋 恐ろしい落橋事故の歴史■ダムカードに続け! 埼玉県が独自に発行をはじめた「橋カード」 /part3 見えない部分がすごい! 「トンネル」の世界■世界と日本のトンネル史をひもとく■まったく違う発想に基づいている、四種類のトンネル工法■日本のトンネル技術の粋を集めて完成した青函トンネル■トンネル内でアップダウン 重力を利用した安全性と経済性■トンネルの部材と建設様式をみれば、いつ造られたのかがわかる■未曾有の難工事となった鍋立山トンネル /part4 知ればもっと、なかにいたくなる 「トンネル」の魅力/■交通や物流面で大きな変化をもたらしたトンネル■日本と世界のトンネルの長さ
続きはコチラ



「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク「公式」はコチラから



「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク


>>>「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクを取り揃えています。「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクは777円で購入することができて、「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクを勧める理由


0円で読める無料漫画をわざわざ置くことで、訪問者を増やしそこから販売につなげるのが電子書籍サイトのメリットですが、一方の利用者にとっても試し読みができるので、良い判断材料になります。
電子書籍については、気が付いたら買い過ぎてしまっているということが十分考えられます。だけど読み放題に申し込めば毎月の利用料が固定なので、いくらDLしようとも料金が高くなる危険性がありません。
移動時間などを埋めるときにピッタリなサイトとして、人気を集めているのがBookLive「「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク」だと言われています。お店に出かけて欲しい漫画を購入しなくても、スマホを1台用意すれば好きな時に読めるという部分が特色です。
電車で揺られている間も漫画に熱中したいと希望する方にとって、BookLive「「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク」ほど有用なものはないと言っていいでしょう。スマホというモバイルツールを持ち運ぶだけで、楽々漫画が楽しめます。
コミックサイトは色んな会社が展開しています。それらのサイトをしっかり比較して、自分にぴったりのものを選定するようにすべきです。そうすれば失敗しません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクの概要ブックライブ

                              
作品名 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボクジャンル 本・雑誌・コミック
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク詳細 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク(コチラクリック)
「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク価格(税込) 777円
獲得Tポイント 「橋」と「トンネル」に秘められた日本のドボク(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ