ニュースの大問題! ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」のニュースの大問題!無料試し読みコーナー


新聞、TVのニュースはなぜ真実と思いこみ、誤報があるのか?朝日新聞の「慰安婦問題」の誤報、福島原発の「吉田調書」のスクープ→大誤報、そして池上連載コラム掲載拒否、この3つの事件をめぐって、2014年はマスコミに対する不信感、ブーイングが乱れ飛んだ。ニュースはそもそも偏向している、都合の悪いことはなかなか書かない、といった批判も、じつは報道という世界の仕組みや考え方を知らないからだと著者はいう。池上彰がNHK記者としての実体験を踏まえて解説するニュースの裏側!ふだん見ているニュースはこんなふうにつくられていた!公平中立なメディアはあるか、スポンサーはどこまで力をもっているのか、ニュースは国益を考える必要があるのかなど、さまざまなニュースの大疑問に答える!!
続きはコチラ



ニュースの大問題!無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ニュースの大問題!「公式」はコチラから



ニュースの大問題!


>>>ニュースの大問題!の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ニュースの大問題!の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はニュースの大問題!を取り揃えています。ニュースの大問題!BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとニュースの大問題!は1296円で購入することができて、ニュースの大問題!を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでニュースの大問題!を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ニュースの大問題!を勧める理由


「すべての本が読み放題だったら、どれほどにいいだろう」という漫画好きのニーズに応えるべく、「固定料金を支払えば都度の支払いは必要ない」という形の電子書籍が考えられたのです。
競合サービスに負けることなく、このところ無料電子書籍サービスが浸透してきている理由としては、一般的な書店が少なくなっているということが指摘されているようです。
近頃、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが提供され人気沸騰中です。1冊毎にいくらではなくて、各月いくらという課金方法になっているわけです。
本を通信販売で買う場合は、総じて表紙とタイトルに加え、あらすじ程度しか確かめられません。けれどもBookLive「ニュースの大問題!」なら、話が分かる程度まで試し読みで確認することができます。
スマホを使用して電子書籍を購入すれば、バスでの移動中や休憩中など、どんなところでもエンジョイできます。立ち読みも可能ですから、ショップまで行くまでもないということです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







ニュースの大問題!の概要ブックライブ

                              
作品名 ニュースの大問題!
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ニュースの大問題!ジャンル 本・雑誌・コミック
ニュースの大問題!詳細 ニュースの大問題!(コチラクリック)
ニュースの大問題!価格(税込) 1296円
獲得Tポイント ニュースの大問題!(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ