神がみの戦場 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の神がみの戦場無料試し読みコーナー


緊迫する国際情勢の陰で次々と起こる不気味な殺人事件……交錯する謎を結ぶ糸は何か? 時は第二次大戦開戦前夜。陸軍中野学校出身の若き士官・鳴海哲也少尉は、登戸研究所に配属になった。なんとこの施設では、蒋介石政権に打撃を与えるべく、中華民国紙幣の贋札製造計画を秘密裡に進めていたのだ。一方、警視庁のベテラン刑事・矢城宗助は、東京湾の第五台場で発見された男の死体を調べていた。はじめは拳銃自殺かと思われたが、捜査を進めていくうち、過去の女給変死事件や陸軍関係者との接点が見えてくる。内閣へも秘匿して進められる陸軍の謀略の行方は…。壮大なスケールで繰り広げられる近代史サスペンス。●日下圭介(くさか・けいすけ)1940年和歌山県生まれ。早稲田大学第一商学部卒。1965年朝日新聞社に入社。1975年『蝶たちは今…』で第21回江戸川乱歩賞を受賞。1982年『鶯を呼ぶ少年』『木に登る犬』で日本推理作家協会賞・短編賞を受賞。その後作家活動に専念し、『黄金機関車を狙え』などの近代史ミステリーで新境地を開く。
続きはコチラ



神がみの戦場無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


神がみの戦場「公式」はコチラから



神がみの戦場


>>>神がみの戦場の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)神がみの戦場の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は神がみの戦場を取り揃えています。神がみの戦場BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると神がみの戦場は486円で購入することができて、神がみの戦場を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで神がみの戦場を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)神がみの戦場を勧める理由


本を通販で買う時には、基本として表紙とタイトル、それにちょっとした話の内容しか確認できません。しかしBookLive「神がみの戦場」を使えば、話が分かる程度まで試し読みで確かめることが可能です。
購入前に試し読みをして自分に合う漫画なのかを確かめた上で、心配せずに購読できるのがウェブで読める漫画の利点です。予め内容を知れるので失敗することがほとんど皆無です。
無料コミックは、スマホやタブレットで読めるのです。通勤中、昼食後、病院やクリニックなどでの診察待ちの時間など、暇な時間に楽々読むことができるのです。
漫画と言えば、「10代を対象にしたもの」というイメージを持っているかもしれないですね。ですが近年のBookLive「神がみの戦場」には、アラサー・アラフォーの方が「子供の頃を思い出す」と口にするような作品も山ほどあります。
色んなジャンルの書籍をたくさん読むという方にすれば、次から次に買うのは金銭的な負担も大きいと言えます。だけども読み放題というプランなら、書籍に要する料金を抑制することも不可能ではありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







神がみの戦場の概要ブックライブ

                              
作品名 神がみの戦場
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
神がみの戦場ジャンル 本・雑誌・コミック
神がみの戦場詳細 神がみの戦場(コチラクリック)
神がみの戦場価格(税込) 486円
獲得Tポイント 神がみの戦場(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ