もう乗れるぞ!自動運転・EV ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」のもう乗れるぞ!自動運転・EV無料試し読みコーナー


自動運転のクルマは日本でも買えるし、もう乗れます。では、各社の実力はどうか。徹底比較します。さらに自動運転がもたらす業界の変化と社会の未来を大胆予測。これを読めばすべてが分かります。 本書は週刊エコノミスト2016年6月28日号で掲載された特集「もう乗れるぞ!自動運転・EV」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・急カーブでも操作なし テスラが見せる車の未来・自動車メーカー最新事情 ここまで来た!自動運転技術・グーグルの到達点 ドライバーは形だけ 市街地を走り回る・グーグルがロビー活動 「AI=ドライバー」なのか 一歩先行く米国の議論・AIがカギ握る 学習して進化する人工知能・台頭する部品メーカー 画像認識に優れるエヌビディア・完全自動運転の世界 トヨタ×ウーバーの理由・DeNA×ZMP 無人タクシーへ発進!・「次世代コックピット」争奪戦 電機各社が狙う運転席・地図を巡る争い 日本はガラパゴスの恐れも・電気自動車 充電場所や航続距離は増加・次世代電池の開発 期待がかかる全固体電池【執筆者】松本惇、藤枝克治、島下泰久、土方細秩子黒崎亜弓、川端由美、貝瀬斉、谷口健桃田健史、西村直人、浮島哲志、週刊エコノミスト編集部
続きはコチラ



もう乗れるぞ!自動運転・EV無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


もう乗れるぞ!自動運転・EV「公式」はコチラから



もう乗れるぞ!自動運転・EV


>>>もう乗れるぞ!自動運転・EVの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)もう乗れるぞ!自動運転・EVの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はもう乗れるぞ!自動運転・EVを取り揃えています。もう乗れるぞ!自動運転・EVBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするともう乗れるぞ!自動運転・EVは324円で購入することができて、もう乗れるぞ!自動運転・EVを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでもう乗れるぞ!自動運転・EVを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)もう乗れるぞ!自動運転・EVを勧める理由


漫画が趣味であることを知られたくないと言う人が、最近増えていると言われます。部屋の中に漫画を隠しておく場所がないような方でも、BookLive「もう乗れるぞ!自動運転・EV」を活用すれば人に隠した状態で漫画を読むことが可能です。
どういった物語なのかが不確かなまま、カバーの見た目だけで本を選ぶのは極めて困難です。0円で試し読み可能なBookLive「もう乗れるぞ!自動運転・EV」というサービスを利用すれば、一定レベルで内容を精査した上で購入できます。
長期間連載している漫画はかなりの冊数を購入することになりますので、先に無料漫画で中身を覗いてみるという人が少なくありません。やはりあらすじを知らずに購入を決断するのはハードルが高いのでしょう。
スマホで見る電子書籍は、一般的な書籍とは異なり文字のサイズをカスタマイズすることができますので、老眼に悩む高齢の方であっても難なく読むことができるという長所があるというわけです。
一般的な書店では、陳列している漫画を立ち読みできないように、ビニールで包むのが一般的と言えるでしょう。BookLive「もう乗れるぞ!自動運転・EV」でしたら試し読みが可能ですから、絵柄や話などを見てから買うか決めることができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







もう乗れるぞ!自動運転・EVの概要ブックライブ

                              
作品名 もう乗れるぞ!自動運転・EV
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
もう乗れるぞ!自動運転・EVジャンル 本・雑誌・コミック
もう乗れるぞ!自動運転・EV詳細 もう乗れるぞ!自動運転・EV(コチラクリック)
もう乗れるぞ!自動運転・EV価格(税込) 324円
獲得Tポイント もう乗れるぞ!自動運転・EV(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ