氷の轍 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の氷の轍無料試し読みコーナー


シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。二人デ居タレドマダ淋シ、一人ニナツタラナホ淋シ、シンジツ二人ハ遣瀬ナシ、シンジツ一人ハ堪ヘガタシ。(北原白秋「他ト我」より) 北海道釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見された。被害者は札幌市の元タクシー乗務員滝川信夫、八十歳。北海道警釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、滝川の自宅で北原白秋の詩集『白金之独楽』を発見する。滝川は青森市出身。八戸市の歓楽街で働いた後、札幌に移住した。生涯独身で、身寄りもなかったという。真由は、最後の最後に「ひとり」が苦しく心細くなった滝川の縋ろうとした縁を、わずかな糸から紐解いてゆく。北海道警釧路方面本部。新たな刑事の名は、大門真由。
続きはコチラ



氷の轍無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


氷の轍「公式」はコチラから



氷の轍


>>>氷の轍の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)氷の轍の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は氷の轍を取り揃えています。氷の轍BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると氷の轍は1555円で購入することができて、氷の轍を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで氷の轍を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)氷の轍を勧める理由


電子書籍も普通の本と同じで情報が商品ということになるので、気に入らなくても返品することはできません。なので自分に合うかを確認するためにも、無料漫画に目を通す方が良いですね。
“無料コミック”であれば、購入を躊躇っている漫画を試し読みすることが可能です。あらかじめストーリーの流れなどを一定程度まで確かめられるため、非常に好評です。
読んだ方がよいか判断できない作品があれば、BookLive「氷の轍」のサイトで料金の発生しない試し読みを行なってみるべきだと思います。読むことができる部分を見て続きが気にならないと思ったら、購入しなければ良いのです。
「小さなスマホの画面では読みにくいということはないのか?」と言われる人がいるのも知っていますが、その様な人もBookLive「氷の轍」を購入しスマホで読んでみると、その便利さに驚愕するはずです。
購入の前に試し読みをして自分に合う漫画なのかをある程度理解してから、安心して購入することができるのがWebBookLive「氷の轍」の利点と言っても良いでしょう。前もって話がわかるので間違いがありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







氷の轍の概要ブックライブ

                              
作品名 氷の轍
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
氷の轍ジャンル 本・雑誌・コミック
氷の轍詳細 氷の轍(コチラクリック)
氷の轍価格(税込) 1555円
獲得Tポイント 氷の轍(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ