「戦争」を語る ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の「戦争」を語る無料試し読みコーナー


「知の巨人」、はじめての戦争本。「長崎という街に自分が生まれ、そこが世界で二番目に原爆を落とされたという事実は、僕の人生に大きな影響をもたらしました」被爆の記憶を後世に残すために、日本人は何をすべきか?北京からの引揚体験、原水禁運動に打ち込んだ若き日・・・。ヒロシマ、ナガサキ、アウシュビッツを通して、いま伝えておきたいこと。【目次】<第一章 少年・立花隆の記憶>焼け跡の残骸が遊び場だった/DDTと給食の脱脂粉乳/あのころのリアルな日本 など<第二章 「戦争」を語る、「戦争」を聞く>カンパを募ってイギリスへ/なぜ「運動」をやめたのか/戦争体験を語り継ぐ/戦争非体験者とのギャップをどう埋めるか など<第三章 おばあちゃん引き揚げ体験記><第四章 敗戦・私たちはこうして中国を脱出した>いま戦争を語ることについて/母、太平洋戦争開戦の報を聞く/玉音放送を聞いた日/窓から見た広島は焼け野原 など
続きはコチラ



「戦争」を語る無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「戦争」を語る「公式」はコチラから



「戦争」を語る


>>>「戦争」を語るの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「戦争」を語るの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「戦争」を語るを取り揃えています。「戦争」を語るBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「戦争」を語るは1000円で購入することができて、「戦争」を語るを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「戦争」を語るを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「戦争」を語るを勧める理由


漫画コレクターだという人からすると、コレクション品としての単行本は値打ちがあるということに異論はありませんが、「読むことができればOK」という人の場合は、スマホで読むことのできるBookLive「「戦争」を語る」の方が便利です。
「家の中以外でも漫画に没頭したい」などと言われる方に最適なのがBookLive「「戦争」を語る」ではないではないでしょうか?読みたい漫画を運搬することもなくなりますし、鞄の荷物も軽量化できます。
実は無料アニメ動画などは、スマホでも見ることができます。以前に比べて中高年のアニメ愛好家も増加していますので、今後一段と進化・発展していくサービスだと思われます。
「出版されているすべての漫画が読み放題だったら良いのに・・・」というユーザーの声に応えるべく、「月額料金を支払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」という形式の電子書籍が誕生したわけです。
新作の漫画も無料コミックを活用すれば試し読みできます。スマホを持っていれば読めるので、他人にバレたくないとか見られるとマズイ漫画も隠れて楽しめるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







「戦争」を語るの概要ブックライブ

                              
作品名 「戦争」を語る
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「戦争」を語るジャンル 本・雑誌・コミック
「戦争」を語る詳細 「戦争」を語る(コチラクリック)
「戦争」を語る価格(税込) 1000円
獲得Tポイント 「戦争」を語る(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ