FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」のFinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか無料試し読みコーナー


金融史上最大の創造的破壊が始まった。ベストセラー『クラウドの衝撃』『ビッグデータの衝撃』の著者による最新刊ゴールドマン、JPモルガン、ウェルズ・ファーゴなど欧米の先進事例に学ぶ「育成」「提携」「出資」「買収」戦略脅威か? チャンスか? 金融機関に忍び寄る“破壊者”の正体を徹底解説!「クラウド」「ビッグデータ」「IoT」の次に来るITビジネスの注目トピックス書。金融機関のライバルは、もはや他の金融機関ではなく、他業界からの参入者である。特に、最先端のテクノロジーに加え、使いやすいユーザーインターフェースで利用者を虜にする術に長けたテクノロジー企業だ。FinTechによって、融資・決済・海外送金などさまざまな分野で数々の革新的なサービスが生まれている。本書では、FinTechの定義、背景などの基本から、具体的なサービスの紹介、FinTechのコア技術である「ブロックチェーン」の解説、金融機関が考えなければならない対応策、各国政府の動きなど、さまざまな観点からFinTechの世界を詳細に分析。入門書にとどまらない、踏み込んだ深い分析、洞察を示している。大手銀行のほか、地銀や証券、保険、クレジットカード業界など金融業界の関係者、また金融業への参入を狙う通信業界やIT業界関係者も必読の書。
続きはコチラ



FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか「公式」はコチラから



FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか


>>>FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はFinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかを取り揃えています。FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとFinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかは1944円で購入することができて、FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでFinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかを勧める理由


BookLive「FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか」はノートパソコンやスマホ、iPadで見ることが可能なわけです。初めだけ試し読みをしてみて、その漫画を購入するかの意思決定をする人もたくさんいるのだそうです。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題だとしたら、こんなに凄いことはない」という漫画好きのニーズをベースに、「月額料を払えば毎回の支払いはいらない」というプランの電子書籍が生まれたわけです。
どんな物語かが分からない状態で、パッと見た印象だけで本を選ぶのは困難だと言えます。無料で試し読みができるBookLive「FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか」なら、大まかな内容を知った上で買うか・買わないかを判断できます。
気軽にアクセスして読み進められるというのが、無料電子書籍のウリです。ショップまで出掛る必要も、通信販売経由で買った本を配送してもらう必要も全くないのです。
スマホで閲覧する電子書籍は、ご存知かと思いますがフォントサイズを変更することが可能なので、老眼で見えづらいご高齢の方でも苦労せずに読めるという特長があります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかの概要ブックライブ

                              
作品名 FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきかジャンル 本・雑誌・コミック
FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか詳細 FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか(コチラクリック)
FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか価格(税込) 1944円
獲得Tポイント FinTechの衝撃―金融機関は何をすべきか(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ