その涙ながらの日 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」のその涙ながらの日無料試し読みコーナー


世の中、まじめに生きるべきだ……それ以外、どうしようもない 俺はトラックの運転手、学問はなくてもちゃんと喰っている。恋人もいる。兄と弟は国立大学に入って頭はいいが貧相だ。前科者と一緒になった姉と縁を切ろうとしている。冷たい仕打ちじゃないか…。俺にはヒロという好きな女がいる。アパートに週に二回、石材屋の老人が来ることも、久男というキザな男と深い仲にあることも、ちゃんと知っている。でも、俺はヒロを許す。愛しているからだ。そのヒロが、ある日、タチの悪いイタズラをした…。(「その涙ながらの日」) 第82回芥川賞候補である表題作のほか、「ラストラウンド」と「素晴らしい歳月」の中篇3本を収録。世の中をまじめに懸命に生きる心やさしい生活者たち、そのさわやかな苦闘を活写する。●吉川良(よしかわ・まこと)1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
続きはコチラ



その涙ながらの日無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


その涙ながらの日「公式」はコチラから



その涙ながらの日


>>>その涙ながらの日の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)その涙ながらの日の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はその涙ながらの日を取り揃えています。その涙ながらの日BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとその涙ながらの日は486円で購入することができて、その涙ながらの日を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでその涙ながらの日を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)その涙ながらの日を勧める理由


BookLive「その涙ながらの日」はPCやスマホ、タブレットタイプの端末で閲覧することが可能なわけです。さわりだけ試し読みしてから、そのコミックをDLするかの意思決定をするという方が少なくないみたいです。
サービスの詳細は、各社異なります。従って、電子書籍を何処で購入することにするのかは、比較して考えるべきだと思っています。熟考せずに決定すると後悔します。
BookLive「その涙ながらの日」の販促戦略として、試し読みが可能という仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。どんなときでもマンガの内容を確認できるため、隙間時間を賢く利用して漫画を選択できます。
各種サービスを押しのける勢いで、このように無料電子書籍というものが浸透してきている理由としましては、地元の本屋が消滅しつつあるということが想定されます。
老眼が進んで、近いところが見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホで電子書籍が閲覧できるようになったというのは画期的なのです。表示文字のサイズを自分用に調節できるからです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







その涙ながらの日の概要ブックライブ

                              
作品名 その涙ながらの日
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
その涙ながらの日ジャンル 本・雑誌・コミック
その涙ながらの日詳細 その涙ながらの日(コチラクリック)
その涙ながらの日価格(税込) 486円
獲得Tポイント その涙ながらの日(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ