自分の戦場 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の自分の戦場無料試し読みコーナー


「不幸になってたまるか」癌の母親の面倒を見ている、二人の兄は頼りにならない、そして好きな女がいる… 勝った負けたと騒ぐじゃない。勝ち負けなど贅沢だ。俺は働きづめ、毎日が引き分けだ…。死病の母を世話し、好きな女との甘い暮らしを夢見る青年。その幸福になろうとする強い意志を骨太に描く「自分の戦場」(第2回すばる文学賞)のほか、「八月の光を受けよ」(第81回芥川賞候補)と「クレパスの金と銀」の中篇3本を収録。●吉川良(よしかわ・まこと)1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
続きはコチラ



自分の戦場無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


自分の戦場「公式」はコチラから



自分の戦場


>>>自分の戦場の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)自分の戦場の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は自分の戦場を取り揃えています。自分の戦場BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると自分の戦場は486円で購入することができて、自分の戦場を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで自分の戦場を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)自分の戦場を勧める理由


お金を支払う前にざっくり内容をチェックすることが可能だというなら、読み終わってから悔やまずに済むのです。ショップで立ち読みするときのような感じで、BookLive「自分の戦場」におきましても試し読みというシステムで、内容を確かめられます。
漫画を買うつもりなら、BookLive「自分の戦場」を利用して試し読みを行うべきです。物語の展開やキャラクターの全体的な雰囲気を、購入前に見て確かめることができます。
電子書籍の関心度は、これまで以上に高まりを見せていると言ってもいいでしょう。そういう状況の中で、利用者がどんどん増えているのが読み放題というサービスだとのことです。利用料を心配する必要がないのが支持されている大きな要因です。
定期的に新タイトルが追加されるので、毎日読んだとしても読むものが無くなるという状況にはならないというのがコミックサイトの人気の理由です。書店では販売されないニッチなタイトルも購入できます。
「漫画の数があり過ぎて収納場所がないから、買うのを躊躇ってしまう」という様な事がないのが、BookLive「自分の戦場」が支持される理由です。どれだけ買っても、スペースを気にする必要なしです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







自分の戦場の概要ブックライブ

                              
作品名 自分の戦場
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
自分の戦場ジャンル 本・雑誌・コミック
自分の戦場詳細 自分の戦場(コチラクリック)
自分の戦場価格(税込) 486円
獲得Tポイント 自分の戦場(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ