自民党と創価学会 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の自民党と創価学会無料試し読みコーナー


90年代前半、自民党は機関紙『自由新報』において、池田大作創価学会名誉会長による金銭・権力の掌握構造や、政教一致問題を焦点に徹底的な批判を展開した。しかしそのわずか数年後には掌を返すように公明党と連立、「自公政権」は現在に至るまで続いている。権力の座を死守するためなら、かつての政敵とも簡単に手を握る自民党。政権与党に居座るためなら「平和・福祉の党」の看板を汚す公明党=創価学会。この両党の親和性と癒着の構造を、膨大な資料、証言をもとに徹底追及する。【目次】はじめに/第一章 「自由新報」の激しい創価学会批判/第二章 禁じ手だった「自公連立」/第三章 自民党の変質/第四章 創価学会・公明党の体質とゆくえ/おわりに/『自民党と創価学会』関連年表/参考文献
続きはコチラ



自民党と創価学会無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


自民党と創価学会「公式」はコチラから



自民党と創価学会


>>>自民党と創価学会の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)自民党と創価学会の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は自民党と創価学会を取り揃えています。自民党と創価学会BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると自民党と創価学会は723円で購入することができて、自民党と創価学会を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで自民党と創価学会を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)自民党と創価学会を勧める理由


「スマホの小さい画面なんかでは読みにくいということはないのか?」と疑念を感じる人がいることも認識しておりますが、そんな人もBookLive「自民党と創価学会」をスマホで読むと、その使いやすさにビックリする人がほとんどです。
常に持ち歩くスマホに漫画を全部保存しちゃえば、本棚が空いているかどうかについて気に掛ける必要が皆無になります。先ずは無料コミックから利用してみることを推奨します。
老眼で近くにあるものが見づらくなってしまったという読書家にとって、スマホ上で電子書籍を楽しむことができるというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントサイズを自分好みに調整できるからです。
漫画があって当然の生活を秘匿しておきたいと言う方が、このところ増加しているとのことです。自室に漫画を置きたくないっていう人だとしても、BookLive「自民党と創価学会」なら誰にも知られず漫画が楽しめます。
「電車の乗車中に漫画を開くなんて考えられない」という方でも、スマホそのものに漫画を保存すれば、他人の目を気にする必要がありません。こうしたところがBookLive「自民党と創価学会」の素晴らしいところです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







自民党と創価学会の概要ブックライブ

                              
作品名 自民党と創価学会
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
自民党と創価学会ジャンル 本・雑誌・コミック
自民党と創価学会詳細 自民党と創価学会(コチラクリック)
自民党と創価学会価格(税込) 723円
獲得Tポイント 自民党と創価学会(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ