リンドバーグ第二次大戦日記 下 ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」のリンドバーグ第二次大戦日記 下無料試し読みコーナー


「ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋で日本人に行ってきたのである」開戦後、陸軍パイロットとして南太平洋に派遣されたリンドバーグ。ラバウルでの壮絶な空爆戦、零戦との一騎打ち――そこで目にしたのは米兵による日本軍捕虜への蛮行であった。戦争がもたらす残虐行為の連鎖、アメリカの自由と民主主義とは、人間が目指した文明化とは何なのか。未来への警句は、今なお重く響く。(目次)大戦前夜――米本国で(承前) 第四章 ファシスト呼ばわりされて―― 一九四一年  進む参戦づくり/真珠湾火だるま/戦時下――米本国で 第五章 現役復帰、かなわず―― 一九四二年  大統領のしっぺ返し/ゼロ戦は勇敢で優秀だ/B24は欠陥爆撃機だ/バターン惨敗の真実/愛犬ソニーの死/生還率の高いB17/フォード帝国ゆらぐ戦時下――米本国で 第六章 戦場も根回しだ―― 一九四三年最前線―南太平洋で 第七章 日本軍と対峙した日々― 一九四四年   ラバウル爆撃行/捕虜をとるな/空中戦の一騎討ち/残虐行為の悪循環終戦時――ヨーロッパで 第八章 廃墟の中に立つ―― 一九四五年  殺人と凌辱と略奪/科学者を取り込め/生と死の尊厳主要登場人物リンドバーグ略年譜訳者あとがき
続きはコチラ



リンドバーグ第二次大戦日記 下無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


リンドバーグ第二次大戦日記 下「公式」はコチラから



リンドバーグ第二次大戦日記 下


>>>リンドバーグ第二次大戦日記 下の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)リンドバーグ第二次大戦日記 下の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はリンドバーグ第二次大戦日記 下を取り揃えています。リンドバーグ第二次大戦日記 下BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとリンドバーグ第二次大戦日記 下は967円で購入することができて、リンドバーグ第二次大戦日記 下を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでリンドバーグ第二次大戦日記 下を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)リンドバーグ第二次大戦日記 下を勧める理由


コミックの発行部数は、残念ながら低減しているのです。定番と言われている営業戦略に固執することなく、積極的に無料漫画などをサービスすることで、新規利用者数の増大を企図しています。
BookLive「リンドバーグ第二次大戦日記 下」から漫画を買えば、家のどこかに本棚のスペースを確保する必要性がないのです。欲しい本が発売になるたびにお店に向かう時間を作る必要もありません。このような利点から、顧客数が増えつつあるのです。
店頭では軽く読むことさえ躊躇してしまうという漫画でも、無料漫画システムを提供している電子書籍の場合は、好みかどうかを充分に確認した上でゲットすることができるというわけです。
「色々比較しないで選んでしまった」と言われる方は、無料電子書籍はどこも内容が同じという認識でいるのかもしれませんが、サービスの細かな点については各社それぞれ異なりますから、比較&検討する価値は十分あります。
今放送されているものをオンタイムで視聴するのは不可能だとう人でも、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、各々の好きなタイミングで見ることができるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







リンドバーグ第二次大戦日記 下の概要ブックライブ

                              
作品名 リンドバーグ第二次大戦日記 下
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
リンドバーグ第二次大戦日記 下ジャンル 本・雑誌・コミック
リンドバーグ第二次大戦日記 下詳細 リンドバーグ第二次大戦日記 下(コチラクリック)
リンドバーグ第二次大戦日記 下価格(税込) 967円
獲得Tポイント リンドバーグ第二次大戦日記 下(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ