原爆は京都に落ちるはずだった ブックライブ 読める 無料 立ち読み

BookLive「ブックライブ」の原爆は京都に落ちるはずだった無料試し読みコーナー


【バラク・オバマ米大統領の広島訪問を受けて緊急出版】 米国はなぜ、どのように日本に原爆を投下したのか。 そこに、正義はあったのか? 戦後の俗説を解明することで、原爆投下プロジェクトの舞台裏を暴く1冊。 ■京都は原爆投下第一目標だった!?人口の多い京都が空襲されなかったのは、文化財がたくさんある古都だからと習った人はいないでしょうか。 また、米国人のウォーナー博士が京都の素晴らしさを訴えたために、空襲が回避されたという番組がNHKで放送されています。 しかし、これは真実ではありません。 京都が空襲を受けなかった理由は、原爆投下の第一目標だったためです。 ・人口が100万人以上で、かつ密集している ・盆地で爆風の威力を発揮しやすい という理由から、京都は原爆の威力を測定するのに最適な都市と考えられたため、通常の爆撃を控えられていたのです。 本書では、 ・京都はなぜ原爆投下目標に選ばれたのか ・「文化財保護説」や「ウォーナー伝説」は誰が何のために伝説を創作したのか を膨大な資料から解明し、戦後、“米国が仕掛けたプロパガンダ(虚構)を覆します”。 ■著者略歴吉田守男(よしだ・もりお) 1946年京都生まれ。71年京都大学文学部(国史学専攻)卒業。78年京都大学大学院文学研究科博士課程を単位取得満期退学。87年樟蔭女子短期大学講師、助教授を経て、94年より教授。2001年より大阪樟蔭女子大学教授。
続きはコチラ



原爆は京都に落ちるはずだった無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


原爆は京都に落ちるはずだった「公式」はコチラから



原爆は京都に落ちるはずだった


>>>原爆は京都に落ちるはずだったの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)原爆は京都に落ちるはずだったの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は原爆は京都に落ちるはずだったを取り揃えています。原爆は京都に落ちるはずだったBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると原爆は京都に落ちるはずだったは720円で購入することができて、原爆は京都に落ちるはずだったを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで原爆は京都に落ちるはずだったを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)原爆は京都に落ちるはずだったを勧める理由


サービスの内容は、各社それぞれです。ですので、電子書籍を何処で買うかというのは、比較しなくてはいけないと言っていいでしょう。適当に決めてしまうのは良くないです。
幼少期に大好きだった思い出のある漫画も、BookLive「原爆は京都に落ちるはずだった」として閲覧できます。書店では扱われない漫画も数多く見受けられるのが特色だと言っても過言ではありません。
ユーザーの数が物凄い勢いで伸びているのがスマホのコミックサイトです。つい最近までは単行本を買うという人が多かったのですが、手軽な電子書籍として買って堪能するという人が増加しつつあるのです。
今放送されているものを毎週見るのは無理があると言う方でも、無料アニメ動画として見られるものなら、あなたの好き勝手な時間に楽しむことができるのです。
「電車やバスに乗っていてコミックを読むなんて考えたこともない」という方でも、スマホに丸ごと漫画をダウンロードすれば、他人の視線を気にすることなど全く不要だと言えます。率直に言って、これがBookLive「原爆は京都に落ちるはずだった」の人気の理由です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







原爆は京都に落ちるはずだったの概要ブックライブ

                              
作品名 原爆は京都に落ちるはずだった
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
原爆は京都に落ちるはずだったジャンル 本・雑誌・コミック
原爆は京都に落ちるはずだった詳細 原爆は京都に落ちるはずだった(コチラクリック)
原爆は京都に落ちるはずだった価格(税込) 720円
獲得Tポイント 原爆は京都に落ちるはずだった(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ